高校留学するメリットとは

留学が手頃になった今日では、「視野を広げるため」「就職に使える語学力を得るため」「異文化理解をするため」など様々な理由で留学をする人が増えています。



しかし、「いつ」留学するかは意見が分かれるところですが、多くが大学に入ってからの交換留学や夏休みの短期留学を利用する方が多いようです。
そんな中、高校留学はまだメジャーではなく、受験勉強に遅れをとりたくないという声もあって、まだ浸透していないようです。



しかし、高校留学は大学や社会人になってからの留学とは大変異なり、苦労することも多いですが、その後の人生に非常にプラスになる経験を与えてくれます。

まず、高校生はまだ未成年なので、高校留学では多くの場合がホームステイを経験します。このホームステイは、異国の地で言葉もうまくつうじない外国人家族と生活をともにすることが必要ですので、家族と楽しい時間を過ごしよい思い出もできますが、他人の生活スタイルに合わせたり、違う考えと生活環境で過ごしてきた他人上手くつきあう方法を考える必要があったりと、大変な面もあります。
大学生になれば、ある程度の自由が許されるので、あわないホームステイやルームメイトとは離れれば色んなことが解決しますが、高校留学の間はホストと向き合って話し合って解決をすることが望まれるケースが多く、人として大きく成長するチャンスです。



また、適応力も身に付き、語学力だけでなく知らない人と仲良くなるコミュニケーション能力も高まるなど、多くのメリットがあります。