高校留学でどこの国を選ぶのか

高校生という時期は、非常に多感で吸収力が旺盛な時代です。



そうした感受性やポテンシャルを持った生徒が、海外で勉強するというのはまたとない機会です。

この高校留学という機会を利用し、人としての成長を大いに加速させ、学問を通じての人間形成の糧としたいものです。
そうした本来の目的に忠実な思考をする限り、留学先は必ずしも英語圏の先進国ばかりではなく、学びの場は世界の至る所にあるはずです。
たとえば日本人の会社員が出向で発展途上国に家族とともに行った場合、子弟は現地のアメリカン・スクールに行くという選択しかない訳ではありません。


むしろそうしたエリート学校に通うよりは、現地の市民が普通に通う学校に行くという手段もあるはずです。

あなたの探していたAll Aboutに関する予備知識の情報が満載です。

偏見のない異文化体験をするためには、その方が良い場合もあるのです。



英語圏以外の国に高校留学するためには、まずどうやって語学力をつけるのかが問題になります。
しかし大学と違って高校留学の場合は、学校で習得すべき知識は専門的ではなく基礎的なものになります。


そのため片言の語学力でチャレンジするという度胸が問題を解決する場合もあるでしょう。

日本人は学校で何年学んでも英語が実用的に使えないという嘆きがありますが、現場に放り込まれて日本語が一切通用しない環境に身をおけば、言葉などはかなり早く覚えられるものです。
こうした機会を得ることで偏見のない異文化体験ができ、その中で自分を見つめ直すという機会を持てば、生涯にわたってかけがえのないものを学ぶことができます。