エリート養成所と呼ばれるボーディングスクール

最近は、日本でも子供をボーディングスクールに入れる家庭が増えています。

ボーディングスクールは、生徒やスタッフと共に寮生活をしながら、24時間様々な勉強や教えを受けることができる学校です。生徒のほとんどが有名大学に進学することから、大学進学準備校とも呼ばれます。


若いころから親元を離れて生活することで、自立心を培うことができます。

ボーディングスクールは世界中にあります。



スイスでは、幼稚園から受け入れてくれる学校があります。

留学年齢が下がるほど、英語力が早く身につきます。



アメリカのボーディングスクールには、中国や韓国からの留学生が増えています。


中国や韓国でも、子供の将来を考えて早くから留学させる親が少なくありません。
クラスは、少人数制を徹底しているので、個々の学生への配慮が行き届き、個性を大事することができます。


その結果、学生は自分の個性を潰すことなく、才能を活かして世界に羽ばたいていけるのです。ボーディングスクールは、施設も非常に立派です。

日本の学校を見慣れた人がいくと、驚くことが多いです。



体育設備は、トレーニング設備があり、専門のコーチの指導を受けることができるジムや温水プールがあります。また、アートセンターもあり、美術への造詣を深めることができます。

音楽についても、楽器の個人指導を受けることができます。


学生が24時間一緒に生活する学校だからこそ、勉強とスポーツ、芸術活動に磨きをかけることができるのです。